インプラントにするか、他の治療法にするか

インプラント治療は、歯の無い部分に対して行なう治療です。やむを得ず抜歯が必要な場合、その歯を抜いた直後に行なうこともあります。

  • 歯を1本失った場合
  • 前歯を失った場合
  • または全ての歯を失った場合

抜歯後の治療方法はどのように選べばよいの?

インプラント治療が普及するより以前、歯のない部分には、ブリッジと入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)で補っていました。

「どんな場合でもインプラントが最適で従来からの入れ歯が不適切なのか」というと、そういうことではありません。

失った歯の本数、またその周囲の歯の状態によって、選択できる治療法は変わります。

インプラントとブリッジの違い

ブリッジは、歯の無い部分の両隣の歯を使って、橋渡しをするように人工の歯を作る方法です。歯の無い部分が多い場合や、残っている歯の状態が良くない場合は、ブリッジができないことがあります。例えば、全ての歯がない場合はできません。

また、奥歯が連続して無い場合なども、支えになる歯がなかったり、弱すぎたりする場合が多いので、ブリッジの適応外となります。

インプラントは、1本だけ歯がない場合でも、全ての歯が無い場合でも、治療の選択肢となります。ただし、骨の状態・全身の健康状態によっては治療が難しいこともあります。

インプラントと入れ歯の違い

入れ歯は、取り外しをする必要がある人工の歯です。

入れ歯は、「歯の無い場所(奥歯や前歯など)」「残っている歯の状態」にかかわらず、ほとんどの歯の無い場合でも入れることができます。

ブリッジやインプラントは、一部の特殊なケースを除き、取り外しをする必要のない人工の歯ですので、そこが一番大きな違いと言えるでしょう。

・ブリッジ・入れ歯・インプラントの比較(まとめ)

それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあります。

当院では、患者様のお口の中の状況を精密検査によって詳細に把握し、どのような治療法が適しているのかを患者様とよく相談し、治療後においても快適で安全な方法を選択するよう努めています。

治療した歯だけが良いのではなく、お口の中を一つのユニットとして、将来においても機能的な良い状態を長持ちさせられるような治療の方法を考えていきます。

ブリッジ
メリット 入れ歯のような異物感は少ない
治療期間が比較的短い
デメリット 支えとする隣の歯を削る
支えとなる歯に負担がかかる
支えとなる歯の状態がムシ歯等で悪化した場合は作り直しになることがある
治療できないケース 歯の無い部分が多い
歯の無い部分が多いと、ブリッジができない場合
支えとなる歯を抜かなければならなくなった場合
入れ歯
メリット 治療期間が比較的短い
ほとんど歯がなくても適応
デメリット 固定されていないので噛みにくいことがある
入れ歯自体に厚みがあるため異物感がある
熱が伝わりにくく、味もわかりにくい
入れ歯が動くため、外れることがある
歯ぐきに当たって痛みを感じることがある
部分入れ歯の場合、支えとなる歯に負担がかかる
金属のバネを残っている歯にかける場合があり、見た目がよくない
治療できないケース 特になし
インプラント
メリット 歯の無い部分に単独で作ることができるので、他の歯に負担をかけない
天然の歯のように噛んだ感じが心地よい
入れ歯のような異物感がない
天然の歯のように作ることができるので、見た目がきれい
歯が1本だけ無い場合、数本場合、また全部無い場合でも治療が可能である
デメリット 手術が必要になる
治療期間がブリッジや入れ歯に比べて長くなることが多い。
人工の歯の根をいれるところの骨が少ない場合、骨を増やす治療が必要になる場合がある
治療できないケース 全身の他の疾患がある場合

インプラントと差し歯の違い

差し歯は、ご自分の歯の根がまだ残っている場合にできる治療法です。

歯の頭の部分が、虫歯や怪我などで欠けたりした場合、歯の根に金属(当院では使用していません)やグラスファイバーの土台を入れて、その上に人工の歯を装着する治療です。

インプラントは顎の骨にチタン製の人工の歯の根を埋め込んで、その上に人工の歯を装着する治療です。

差し歯にしている部分は、ご自分の歯の根っこが虫歯になったり、割れてしまったりすると、差し歯自体ができなくなります。その場合は、ご自分の歯の根を抜いて、インプラントにすることがあります。