2021年7月19日

銀座みゆき通りデンタルクリニック 矯正ブログ

小学生からはじめた矯正治療が、中学生になってやっと終了したので安心しました。

ゴムをかける器具になった時は、ずっと続けるのが大変でした。

でも、がんばって毎日続けたら、全然ちがう歯ならびになってうれしかったです。

ワイヤーの調せいをしたりして、いたみがでて食べ物が食べづらいときもありましたが、やわらかい物をたくさん食べたりしました。

親知らずをぬいた後のいたみで、学校を休んでしまうときがありました。

これが一番大変だった気がします。

でも、親知らずをぬき、いたみがなくなったあとの感じは、とても気もちがよかったです。

スタッフさんたちもやさしくて、長くかよえたのもスタッフさんたちのおかげだと思います。

銀座みゆき通りデンタルクリニック 矯正ブログ

(お母様より)
長い矯正治療でしたが、装置がはずれる段階になり、良かったな!!と言う気持ちと院長先生。スタッフのみなさんに感謝しております。

本人が矯正を望んだ事ではないので、「本当にやっていけるのか」「銀座まで通う事が出来るのか」「学校を休みがちになる事」など・・・色々心配しながら今日まできました。

特に親知らずの抜歯は、かなり痛みや腫れがあり、辛かったようです。

院長先生の励ましの言葉が嬉しかったです。

リテーナーを一年程使っていくようなので、まだまだお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。